STORY




KANAL KATO 加藤 かなる

一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会 会員
兵庫県杞柳製品協同組合 会員


 

加藤かなる


1995年 大阪府寝屋川市 出身

2013年 京都市立工業高校卒業後

18歳で単身ドイツへ移住

あらゆる経験を積み重ねた7年間

2020年 帰国後

日本の伝統に携わる機会を捉えて一念発起

兵庫県豊岡市へ居を移す

地場産業である伝統継承に従事

豊岡杞柳細工の技術や歴史を学び
さまざまなことを感じた ー

『この伝統の価値を再建したい』

2023年 自分堂を設立。

元来のポテンシャルに
培ったアイデンティティをかけ合わせ
固定概念を覆す空間演出や
オーダーメイドのサービスを提供する。



職としての魅力を再建したい ー

あるべき職人の姿を目指す思いをコンセプトに

日本文化の機能美を、失われた魅力を、

柳行李 / 豊岡杞柳細工を通して

老若男女、そして世界へ、発信する。




 




屋号


自分堂

you don't mess with serendipity. 


 小さな雑貨屋。

ー アーティストだった両親は、若い時分よりヨーロッパを中心に旅し、世界に触れ、世界中から集めた雑貨がそこには陳列していた。私は写真でしか見たことがない。なぜならその雑貨屋は私の生後間もなくに閉業したから。

ー 時を経て、私が生活していたフランクフルトから帰国したある頃。相変わらずどんな友人宅とも違う、ギャラリーのような実家でふと目に留まったある作品があった。

大人になると景色が変わる。うちには無数の作品が幼少期から当たり前のように家中に散りばめられてあった。父が描いた水墨画、アナログ写真、レコードにギターとアンプ。母親のオルガンやバイオリンにアコーディオン。家の中心には等身大の大きな姿見。洗面所ではMarlene Dietrichがポスターの中から見つめてくる。そんな空間に一際溶け込んでるある手作りの看板。聞けば営んだ雑貨屋のそれだったらしい。
世の中に存在するどのフォントとも似つかない字体で目に映った



ー 自分堂 ー



 




who i am

 

My name is Kanal Kato.
I'm a Yeoman Traditional Craftsman & Artist,
weaving dreams in my workshop based in Toyooka City JP.


2013 - 2020 I worked as a Barista in Germany.

I learned about the importance of Japanese culture and history again during the stay.
I realized Japanese Traditional crafts are outstanding in the world.

In 2020 I was lucky enough to gain a full backup through as a Local Vitalization Cooperator, the intern system of the country. I spent few years under the old weavers guidance absorbing every bit of knowledge and experience. I thought it is necessary to construct new business models among Traditional crafts. In 2023 I started my own company.


 

My true passion and purpose is to make highly creative and timeless items using my skills and identities that I learnt from my parents, old weavers, and the experiences of seven years in Germany and many others. I love the challenges of working on bespoke commissions and bringing abstract ideas to life. I need to share and teach my skills and grow up the next generation of willow weavers, like passing a baton as my mentors did for me.

 

 



This craft has given me so much.
I try to re-pay it by showcasing the craft
to the highest of standards.


The generosity of my mentors has allowed me create anything that can be imagined in willow. From made to measure Hampers to the extreme woven object I created with all my love. I love the blend of precision in my basketry mixed with the free creativity of my space production work.

Being able to weave heirlooms that stand the test of time from materiasl grown natively brings me so much joy.